家庭教師ですこんにちわ!是非見てってください。


by pnbn5smdmh

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 民主、社民、国民新の与党3党は25日、国会内で国対委員長会談を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設に社民党が反対していることを踏まえ、同飛行場の県外・国外移設と3党連立体制の強化を追求するとした「覚書」をまとめる方向で調整することで一致した。
 この後、民主党の山岡賢次国対委員長が首相官邸に鳩山由紀夫首相を訪ね、「3党連立が国会運営では大事だ」と述べ、社民党に配慮するよう求めた。 

自民が官房長官に対北朝鮮対応で申し入れ (産経新聞)
口蹄疫 22日からワクチン接種…補償案受け入れ(毎日新聞)
「閉塞感 解決しない」大阪市議補選で平松市長(産経新聞)
<ラベンダー>気品高く咲き競う−−有田で見ごろ(毎日新聞)
<秋葉原事件>「社会へのテロ」…遺族が初めて証言(毎日新聞)
[PR]
by pnbn5smdmh | 2010-05-26 18:45
 民主党公約があてにならないのはまだある。公務員の総人件費の2割カットもその代表だ。民主党の「政権政策Manifesto2009」の中で、「地方分権推進に伴う地方移管、国家公務員の手当・退職金などの水準、定員の見直しなどにより、国家公務員の総人件費を2割削減する」とはっきり書かれている。具体的には、国家公務員の総人件費5.3兆円のうち1.1兆円を削減し、それを新規財源にあてるとした。

■2010年度予算では削減努力ゼロ

 ちなみに、2010年度予算でいくら人件費を減らしたのかというと、わずか1404億円。これは、人事院の勧告どおり(月給:マイナス0.22%、ボーナス:マイナス0.35%)の平年度ベースの減で、削減努力はされていない。

 もちろん、あと3年あるというだろう。しかし、一方で、民主党は、天下りを禁止する代わりに、国家公務員が65歳の定年まで働けるようにすると公約している。これまで早期に退職してきた職員を定年まで抱えていくと当然人件費増になる。一定の前提に基づく総務省試算によると、25年度の総人件費は今より最大2割増加するという。

 今の民主党の公約である2割カットは、実は05年のマニフェストから採用されている。それ以前は、「1割以上カット」であった。それが格上げされて「2割」となった。

 その当時、私は経済財政諮問会議特命室でいろいろなペーパーを作っていた。05年のはじめ、郵政民営化、政策金融改革、政府資産改革という政府資産のスリム化の延長線で、公務員総人件費改革も検討せよとの指示を受けていた。そこで、公務員総人件費改革の議論を05年はじめから経済財政諮問会議で取り上げた。

■組合の反対が怖い?

 そして、10年間で、政策金融、政府資産、公務員人件費の対GDP比をすべて半減するという長期目標ができた。もちろん、これは郵政を民営化することを織り込んだ上での話だった(郵政民営化で国家公務員だった郵政職員が民間に移管するので、その分公務員人件費が削減になる)。と同時に、郵政民営化とは別に、当面の総人件費をどうするかのプランも作ることになった。これも05年のはじめから議論して、最終的に、05年11月14日に総人件費改革基本方針としてまとまった。これを大雑把にいえば、総人件費は1割カットになっている。この方針は、国家公務員と地方公務員の両方に適用されている。これに対して、公務員の労働組合は厳しく批判した。当然、民主党はそれらの動きをよくみていた。

 公務員労働組合は民主党を基本的には支持しているので、民主党は公務員総人件費について、「逃げ道」を作ってきた。それは、これまでのマニフェストで一貫して「国家公務員」の総人件費について○割削減という表現をとっている。これであれば、国家公務員を地方に移管して、国家公務員の人件費を削減して、その分だけ地方公務員人件費が増加しても、公約は守ったといえるのだ。しかし、政府の経済財政諮問会議の結論は、国家公務員と地方公務員の両方で総人件費の「1割カット」だ。これでは、民主党の国家公務員の総人件費を「1割以上カット」と叫んでもパンチがない。そこで、「1割以上カット」を「2割カット」に格上げしたのだろう。

 問題は格上げしたものの、それを具体的に行う手順がまったくできていない。総人件費の2割カットはまったく不可能な話ではないが、それを実現するためには、給与法改正、国の地方支分局の地方移管が絶対に必要だ。ところが、給与法改正について閣僚たちは口ではやると言いながら、だれも手を付けない。担当部署を官邸に持ってくることもしていない。国の地方支分局の地方移管にも手を付けていない。具体的には、各省の持っている特別会計を地方に移譲しないと、地方支分局の地方移管は完全にはできないが全く未着手である。このままでは、総人件費2割カットが「公約倒れ」という普天間問題の再現になるのは間違いない。

++ 高橋洋一プロフィール
高橋洋一(たかはし よういち) 元内閣参事官、現「政策工房」会長
1955年生まれ。80年に大蔵省に入省、2006年からは内閣参事官も務めた。07年、いわゆる「埋蔵金」を指摘し注目された。08年に退官。著書に「さらば財務省!」、「日本は財政危機ではない!」、「恐慌は日本の大チャンス」(いずれも講談社)など。


■関連記事
高橋洋一の民主党ウォッチ/「役人はハローワーク行け」消えた 口先だけだった民主党 : 2010/04/15
高橋洋一の民主党ウォッチ/民主やっぱり官僚肩たたき 拒否ほぼゼロの理由はこれ : 2010/04/27
高橋洋一の民主党ウォッチ/お笑い民主の「天下り根絶」 自公政権より役人やりたい放題 : 2010/03/24
「仕分け」されなくてよかった 文化事業で生まれた奇跡のアルバム : 2010/05/11
会社を辞めて独立したい 「ケンカ別れ」しない方法は? : 2010/05/12

揺らぎ続ける首相 質問無視、メディア対応異変(産経新聞)
法政大高元2教諭を書類送検…修学旅行で体罰(読売新聞)
公務員法改正案 午後に衆院通過(産経新聞)
参院選でHP・ブログ○、メール・ツイッター×(読売新聞)
ログハウス がん手術2度乗り越え、夢実現へ 愛知の男性(毎日新聞)
[PR]
by pnbn5smdmh | 2010-05-17 14:47
 ◇…全国有数のミカン産地、和歌山県有田地方のトップを切って、JAありだ・ありだ共選が26日朝、極わせのハウスミカン「上野」を初出荷した。

 ◇…この日は主にパック詰め(4〜5個入り、約300グラム)や2・5キロ詰めの化粧箱が中心。昨年の約120キロより多い約180キロの出荷量となった。

 ◇…5月下旬〜6月上旬にピークを迎え、7月下旬まで計約100トンを出荷する予定。糖度は11〜12度あり、同共選は「甘くておいしいミカンで味は上々」。

裁判員制度合憲 初の司法判断 東京高裁(産経新聞)
パトカーに追われた車衝突、1人死亡3人重軽傷(読売新聞)
<裁判>柳ケ浦高バス事故 遺族が損賠提訴へ(毎日新聞)
事業仕分け 11法人35事業を精査 3日目スタート(毎日新聞)
JR北海道でも無賃乗車=関連会社6人を諭旨解雇(時事通信)
[PR]
by pnbn5smdmh | 2010-05-01 01:31